0120-429-320
営業時間 9:00〜17:00
(土日祝を除く)

2019年 09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      
今日
 

こだわりの美味しさ

牛

カミチクグループの牛づくり

カミチクグループは世界中の人に
生産者の想いと美味しさをつなぎ
喜びと元気を提供します。

それがカミチクの出発点。

まっすぐな情熱と確かな畜産技術が、
安全・安心・好価格なお肉の提供を支えています。

▲  生産の現場から、牛に託したロマンをお届けします。

カミチクの生産者

“牛飼い名人”技と、
牛への深い愛情
カミチクの美味しい牛肉
支えています。

カミチクファームさん

子牛から成牛まで

カミチクファームでは自社保有の母牛に種付けをし、繁殖から肥育までを一貫して管理しています。

豚
繁殖
自社母牛に種付け。欲しいグレードに合わせた血統を選びます。
( 子牛市場相場に左右されず価格・質が安定します)
子牛誕生
子牛が安心するよう、生まれてから約3ヶ月間、母牛と一緒に過ごします。
(母牛から免疫をもらい、健康的な飼育につながります)
哺育
ミルクを自分で飲めるようになったら哺乳ロボットで管理。
(牛の観察に力を入れることができるため、病気を予防し、安全に育てることができます)
育成
地域の耕作農家さんが作ったコーンサイレージや粗飼料などを活用。農家さんへ牧場で作った堆肥を還元。
(循環型農業を取り入れ、上質なエサを牛に食べさせることができます)
肥育
今まで蓄積したノウハウを生かしたこだわりのエサを使用。
(上質な脂質を持ったお肉に仕上がります)
出荷
最も牛の仕上がりがいい28〜30ヶ月齢で出荷。
(安定した肉質の確保ができます)

A5等級 鹿児島県産黒毛和牛

カミチクのグループ一貫体制が目指すのは、最高クラスの牛を作り出すこと。
本当に美味しい牛肉をお届けするために、
カミチクは日々、情熱を燃やし、技術の研鑽に努めています。

カミチクがお届けする牛肉の多くは、
A5等級の評価を受けた鹿児島県産黒毛和牛です。

A5等級とは?

黒毛和牛のなかでも、
最高ランクの牛肉のみに
贈られる称号です。

〈 平成7年から令和元年5月までの牛枝肉格付結果 〉

平成7年から令和元年5月までの牛枝肉格付結果

A5等級の「A」とは?

「歩留等級(ぶどまりとうきゅう)」を示す記号です。A、B、Cと3段階あるなかで、Aは最も優れた評価になります。
どれだけの量の肉がとれるかを表します。

A5等級の牛肉

A5等級の「5」とは?

A5等級の牛肉

「肉質等級」を表す記号です。「サシの度合い(脂肪交雑)」、「肉の色沢(色、光沢)」、「締まり及びきめ」、「脂肪の色沢と質」の4項目をそれぞれ5段階で判定します。
4項目のうち、最も低い数字を最終的な格付けに使用します。
5等級は4項目すべてで、最も優れた評価をとった牛肉を示します。

全ての判定で最高評価をとった
牛肉のみ
が、A5等級の名を
冠することができます。

A5等級の牛肉
第11回全国和牛能力共進会・総合1位の団体賞を獲得!!
豚

甘熟豚 南国スイート

甘みと旨味を
より凝縮した
自慢の豚肉。

熟練した生産者のもと、
エサにパイン粕を与えることで、
肉がやわらかく仕上がりました。
肥育期間を普通の豚より
2ヶ月間長くすることで、
旨味が熟成された豚肉です。

分析

人の味覚は曖昧。
それならば、と第三者機関による
味分析を実施。

『甘熟豚 南国スイート』は、
他の国産豚、外国産の銘柄豚、
そしてなんと、鹿児島黒豚と比較し
ても、雑味が少なく、旨味を
感じやすい
との数値結果が出ま
した。

バラの味分析

※この分析は、株式会社味香り戦略研究所の味分析結果によるものです。
1.0目盛りが濃度差約20%(大多数の人間が異なる味わいと感じる濃度差)を示します。
[2017年8月]

養豚家
亀川孝志さん

甘熟豚 南国スイートの生産者。豚づくりに情熱を燃やし、血統の掛け合わせやエサの研究も欠かさず、愛情を持って豚を育てる。
どうしたら豚が健康に育つのか。どのエサが安全か。どうしたらお客様に美味しいと言ってもらえるのか。
熟練の生産者と言われるようになった今でも、学びを怠らない。